厚生労働省が承認している美容成分

厚生労働省が承認している美容成分は様々なものがあります。


肝斑などにも配合されているトラネキサム酸は、シミ発生物質である「プロスタグランジン」などの働きを阻害してメラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎます。

アルブチンはメラニン色素の合成を阻害してシミやくすみを抑制する効果が期待でき、麹菌からつくられたコウジ酸はメラノサイトを活性させてしまうチロシナーゼという酵素の働きを抑制してシミを作れなくします。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定かせて肌に吸収しやすくした成分で、メラニンを還元して活性酸素を抑える、コラーゲン生成を促すなどの美白効果が得られます。

ルシノールはメラニン色素をつくるアミノ酸であるチロシンとチロシナーゼが結合するのを防いで、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。

リノール酸は菜種油やオリーブオイルなどに含まれる成分です。適量を摂取したり、肌に塗ったりすることでチロシナーゼの量を減らす効果が期待できます。

美容成分として人気なのがプラセンタです。動物の胎盤から抽出された成分で、様々な成分が含んでいることでメラニン色素の生成を抑えるほか、肌のターンオーバーを促します。


美白の正体はシミやくすみなどを作らないように肌の状態を保つことを目的にしています。

様々な美白に効果的な成分がありますが、自分の肌に合った成分を利用することが最も大切なことといえます。


このページの先頭へ